Parameter (日本語)

パラメーターを使うと、Exploratory Desktop上のビュー、さらには、exploratory.ioまたはCollaboration Server上に共有されたダッシュボード、ドキュメントを動的にすることができます。

例えば、ダッシュボードに表示されるチャートのためのデータを取得しているSQLクエリーや、そのデータをフィルターしているステップのフィルター条件から、パラメーターで動的に指定される値を参照することができます。 これにより、ダッシュボードを閲覧する人は、自分の興味にあわせて、ダッシュボードのデータの内容をその場で調整することができるようになります。

パラメーターのタイプ

以下のタイプのパラメーターを定義することができます。

  • 文字列

    • 文字入力

    • 単一の値が選択可能な値リスト

    • 複数の値が選択可能な値リスト

  • 数値

    • 文字入力

    • スライダー

    • 単一の値が選択可能な値リスト

    • 複数の値が選択可能な値リスト

  • 日付 (Date型)

  • 日付・時間 (POSIXct型)

  • 論理値 (TRUE/FALSE)

パラメーターで動的に指定される値を参照できる場所

データの加工ステップ、可視化、分析中の以下の場面で、パラメーターで動的に指定される値を参照することができます、

  • データ・ソース

    • Database Query

      • SQL Databases

      • MongoDB

    • Custom R Data Source

  • フィルター・ステップ

  • 計算の作成 (Mutate) ステップ

  • 集計 (Summarize) ステップ

  • チャート・フィルター

  • アナリティクス・フィルター

パラメーターを使って動的にできるもの

パラメーターを使って、以下のExploratory Desktop上のビュー、さらには、exploratory.ioまたはCollaboration Server上に共有されたダッシュボード、ドキュメントを動的にすることができます。

Exploratory Desktop上のビュー

  • サマリ・ビュー

  • テーブル・ビュー

  • チャート

  • アナリティクス

  • ダッシュボード

  • ノート

  • スライド

exploratory.ioまたはCollaboration Server上に共有されたダッシュボード、ドキュメント

  • ダッシュボード

  • ノート

  • スライド

さらに詳しく

パラメーターの詳細な使い方についてはこちらのノートをご覧下さい。