Exploratory
Search…
Window Calculation (日本語)
データラングリングの際に、数値、日付、時間列で表計算が利用できます。

タイプ

以下の5種類の計算が可能です。

累計

累計、各グループの前の値を基に現在の値を計算します。この計算タイプは、数値列でサポートされています。
値の集計には、以下のオプションがあります。
  • 合計
  • 平均値
  • 最小値
  • 最大値

割合(% of)

割合 (% of)は、各グループの値の比率を計算します。この計算タイプは、数値列でサポートされています。

差は、指定した位置からの差を計算します。差を比較するためのオプションは、以下の9つです。この計算タイプは、数値列、日付列、時間列でサポートされています。
  • 平均値 - 平均値との差を計算します。
  • 中央値 - 中央値との差を計算します。
  • 最頻値 - 最頻値との差を計算します。
  • 最小値 - 最小値との差を算出します。
  • 最大値 - 最大値との差を求めます。
  • 最初の値 - 最初の値からの差を計算します。最初の値は常に0になります。
  • 最後の値 - 最後の値からの差を計算します。最後の値は、常に0になります。
  • 前の値 - 1つ前の値との差を求めます。
  • 次の値 - 次の値との差を計算します。
  • 特定の値 - 指定した値との差を計算します。

差の割合

差の割合は、指定した位置からの差の割合を計算します。以下の4つのオプションがあり、差を比較することができます。この計算タイプは、数値列でサポートされています。
  • 平均値 - 平均値からの差を計算します。
  • 中央値 - 中央値との差を計算します。
  • 最頻値 - 最頻値との差を計算します。
  • 最小値 - 最小値との差を求めます。
  • 最大値 - 最大値との差を求めます。
  • 最初の値 - 最初の値からの差を計算します。最初の値は常に0になります。
  • 最後の値 - 最後の値からの差を計算します。最後の値は、常に0になります。
  • 前の値 - 1つ前の値との差を求めます。
  • 次の値 - 次の値との差を計算します。

移動計算

移動計算は、各データポイントを中心としたウィンドウ(範囲)内のデータポイントをまとめて値を計算するものです。この計算タイプは、Numeric Columnsでサポートされています。
以下のオプションが利用可能です。
  • 集計関数 - ウィンドウ内のデータポイントに適用される計算の種類。
  • 合計値
  • 平均値
  • 中央値
  • 最小値
  • 最大値
  • 標準偏差
  • 分散

リンク

詳しくは、以下の記事(英語)をご覧ください。
Copy link
On this page
タイプ
累計
割合(% of)
差の割合
移動計算
リンク